伊賀市 青山町とは?(旧那賀郡青山町)NO1

 伊賀市の青山町は町土の8割が緑豊かな「青い山」に恵まれ、昔から林業の町として栄え、大阪、京都、奈良を結ぶ、初瀬(はせ)街道を有し、古来より都(飛鳥、平城、平安など)に隣接した交通の要衝として、江戸時代には、藤堂家の城下町や伊勢神宮への参拝者の宿場町として栄えてきました。

 今も昔の名残が、江戸時代から続く老舗料理旅館 伊勢慶「いせけ」や、酒蔵 重藤「しげとう」など現在も盛況しております。特に関西で知られているのは国定公園の青山高原があり、春以降の五月が咲くハイキングコースが有名で、保養所及びリゾート等も知られ、メナード青山リゾート、パーム・ド・夢。等の代表的な保養温泉ホテルがあります。

 国道165線沿いには、地震の守り神である要石「かなめいし」のある大村神社があり、神社の横に桜が咲く頃には、桜山公園にはきれいな桜が満開に咲く、そのそばを流れる小川の水系は、大阪湾に流れ込む木津川、淀川の源流地域で自然環境の保全には、地元住民の関心が高く自然との共生をめざした活動も多く見られます。
これらは、平成16年11月より上野市、伊賀町、青山町、阿山町、大山田村、島ヶ原村の6市町村が市町村合併により「伊賀市」になり、地元では今日に至っても青山「あお」と呼ばれております。

▲近鉄青山町駅 ▲山の麓には、近鉄青山高原トンネル
▲近鉄電車と田植え ▲青山勝地「かちじ」の田植え後の風景
▲菜の花としらさぎ鳥、有機の里トーベイの看板 ▲木津川の最上流の看板
▲田んぼに放つ源流水 ▲上津の直売所の農薬不使用の高原野菜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>